クレジットカード基礎知識

クレジットカード機能とはどんなもの?

クレジットカードの代表的な機能は、クレジット決済でしょう。 財布に現金がなくても、カードがあれば買い物ができてしまうのです。 海外では日用品の買い物時にもカードを使うことが当たり前となっており、特にアメリカは現金で物を購入する人はほとんどいません。 カード購入をすることで、現金を盗まれる心配がなくなります。 カードも紛失・盗難の危険性はありますが、現金のそれよりはずっと安心でしょう。 銀行振込によって商品を購入するならば、どんなに高額な買い物でもラクラクです。 しかし、店舗に直接現金を持っていくような場合ですと、そうはいかないものです。 500万円の車を購入して、1万円札を500枚手渡すとします。 これを数えることは容易ではないでしょう。 マネーカウンター(紙幣計測器)がある店舗ならば問題ありませんが、そうでない店舗になるとスタッフが1枚ずつ数えることになります。 クレジットカードがあれば、こんな手間はかけずにすみます。 キャッシング機能も見逃せません。 近年のクレジットカードの多くには、キャッシングがプラスされているのです。 お金を借りたい場合に、別途カードローンの契約をしなくても済むのが便利ですよね。 キャッシング利用枠30万円の場合、クレジットでのショッピングとは別に、30万円までローンを組むことができるのです。 知らずに契約したら、あとからキャッシング機能付きだと知る方も少なくありません。 自動的に付帯される場合もありますので、キャッシングが不要な方は事前に申し出ておく必要があるでしょう。