クレジットカードでお金を借りる基礎知識

お金を借りるとき、こんなに役立つクレジットカード

クレジットカードは危険という方もおりますが、便利に使えばこれほど役立つものはありません。 危険という方ほど、間違った使い方をしているものです。 クレジットカードの最大の特長は、お金を持ち合わせていなくても絶対お金を借りれる消費者金融で借りることができることでしょう。 「給料日まで2週間あるし、貯金もないので欲しいものが買えない」なんて場合も、カードさえあればお金を借りることができ、欲しいものを買うことができます。 2回払いまでは無利息なので、利息なしで2ヶ月返済が可能になるということでもあります。 もちろん、1回払いの場合も無利息なので、余計な手数料などはいっさい発生しません。 注意したい使い方は、支払い回数をむやみに多くすることです。 12回払いにすれば、1年間の返済期間があるのでゆっくりと返済することができますが、完済する前に別のものが欲しくなる可能性もあるでしょう。 そこで、再びクレジット決済をすれば、クレジットが2重になってしまうわけです。 こうした状況は、複数ローンの返済をしている状態と似ています。 便利にクレジットカードを使うためには、利息のつかない支払い回数である1~2回に留めておくべきなのです。 さらにカードを所有していると、高額の支払いをスマートに済ませることができます。 100万円の指輪を現金で購入した場合、店員は100万円を数えなければなりません。 こんなときカード決済をすれば、店側も大いに助かるわけです。 富裕層が高額な買い物をするときは、カード決済をするのが一般的です。 また、通常お金を借りるにはカードローンを利用される方も多くいらっしゃいますが、クレジットカードにもカードローン枠があるので、そちらを利用されても良いかもしれません。

クレジットカードならお金必要な時に直ぐに借りれる

お金が必要な時に自分では用意できないとなると、誰かに借りるしかありません。 しかし、借りるとは言っても周囲に迷惑をかけたくないと思えば金融会社から借りるほかないでしょう。 そこで活用したいのがキャッシングです。 キャッシングとは、個人向けの小口融資であり、契約において担保や保証人を必要としません。 また専用のカードを用いてキャッシュディスペンサーや提携するコンビニATMからお金を引き出して借りるか、もしくは銀行口座へ振り込みでお金を借りることができます。 そのため365日24時間、必要な時に直ぐにお金を工面できるでしょう。 また、キャッシングは一度の借り入れだけではなく、継続的に利用していけるのが特徴です。 キャッシングには利用限度額というものがあり、その限度額の範囲でなら何度でも借りれるのです。 例えば限度額が30万円なら、30万円の範囲で借入と返済を繰りかえします。 30万円から5万円を借りたら残りは25万円まで借りることができ、借りた5万円を返済したら残りの限度額は30万円まで持ち直します。 なので、借りてもきちんと返済をすることによって、延々とお金必要な時に借りることができるのが大きなメリットです。 ちなみに限度額は債務者の条件に応じて異なります。 新規契約の場合に融資できる最大金額は50万円が目安となっていますが、正しく利用していけば限度額は増額してもらうこともできるので、計画的に活用してください。